エバー航空について

  •  
  •  
  • 友達に知らせる - はてなブックマーク

「安全で正確な運航、親しみやすい専門的サービス、革新的で効率的な経営」を理念とし、さらなる向上に努めております

絶え間ない革新

エバー航空は 1989 年 4 月に法人化され、1991 年 7 月 1 日に温かい祝福の中、処女飛行に飛び立ちました。 以来、エバーグリーングループの企業理念である「挑戦、革新、チームワーク」の下で順調に規模を拡大してきました。

エバー航空は、若さあふれる活気に加えて、その革新性により、商業航空業界において競合他社と一線を画しています。 エバーグリーンデラックスクラスは 1992 年にエバー航空のボーイング 747 型機に最初に導入され、以来、世界中の乗客の皆様および業界通の皆様から称賛を頂いております。 2003 年、エバー航空は A330-200 型機を導入し、最新かつ最上級の客室を設置しました。 この客室、プレミアムローレルクラスは、エグゼクティブトラベルの新しい標準となりました。

2005 年には、ボーイング 777-300ER 型機と、第二世代のプレミアムローレルクラスを導入しました。 同時に、エコノミーデラックスの客室をアップグレードし、エリートクラスとして再スタートしました。 エコノミークラスの乗客の皆様も、最新の客室設計と革新的な新サービスで迎えられます。 このような意欲的なサービス改善が商業航空の新しい標準を設定しました。

エバー航空は地球村の一員としてその責任を真剣に負っています。 地球温暖化や気候変動に対する取り組みを支援する目的で、エバー航空は、炭素排出量を削減し、政府の環境保護方針、規制、および関連プログラムを順守するためのさまざまな対策を取り入れています。 エバー航空は、私たちの環境を守り、地球の緑化と健全化を推進することを約束しています。


エバー航空の航路ネットワークは、現在、欧州、北米、アジアおよびオセアニアの 50 都市をカバーしています。 中国本土との外交関係が 2009 年に改善された直後に、エバー航空は、中国と台湾間の定期便を可能にするインフラに投資しました。 エバー航空は週におよそ 80 便を中国の主要 20 都市に運航しています。乗客の皆様は、より速く、そして便利に中国へ往復することができます。 エバー航空はまた、中国と台湾間の直行貨物輸送サービスを提供しています。これは、中国と台湾間の貨物輸送の効率性を著しく改善します。

世界中にあるエバー航空の支店は責任を持ち、柔軟な姿勢で、注意深く乗客の皆様に応対し貨物サービスをお取り扱いします。 国際的な市場での競争力を強化し、欧州や北米を横断するフライトを提供するために、エバー航空は、世界の主要な航空会社との間で共同運航契約を締結いたしました。