ブラウザーのバージョンを更新してください

We may discontinue support of existing browsers if they no longer meet security standards. Note that any version below Secure Socket Layer (SSL) Version 3.0 or Transport Layer Security (TLS) Version 1.0 will NOT be supported from May 10, 2016. 今すぐ更新

お預かり手荷物:

無料お預かり手荷物は、旅程および搭乗クラス別に以下のようになります。
搭乗クラス
重量制(北中南米以外の地域)
個数制(北中南米)
ビジネス/
プレミアムローレル/
ロイヤルローレル
30kg (66 ポンド)
2個。重量は1個あたり32kg(70ポンド)
サイズは1個あたり三辺の合計が158cm(62インチ)
エリート
※25kg (55 ポンド)
2個。重量は1個あたり28kg(61ポンド)
エコノミー
20kg (44 ポンド)
2個。重量は1個あたり23kg(50ポンド)
座席を使用しない幼児
(全クラス)
10kg (22 ポンド)
1個。同行の大人が搭乗するクラスと同じ重量とする。 
注:

エリートクラスの受託手荷物の無料の許容範囲は基本的には20kg(40ポンド)までです。さらに5kg(11ポンド)の受託が無料で許可される場合がございますが、弊社のみのサービスですので、他の航空会社では規定が異なる場合がございます。また、個数制には適用されません。予めご了承ください。

上記の規定は、搭乗者の旅程においてエバー航空が最も長い場合に適用されます。一つの旅程の中で、別に発券した航空券をお持ちの場合はその限りではありません。詳細はEチケットの控えおよび予約センターにてご確認ください。

座席を使用しない幼児のお客様をお連れの場合、折りたたみ式ベビーカー、ゆりかご、またはチャイルドシートをお預かり手荷物または機内持ち込み手荷物として無料で1台追加いただけます。なお、機内へのお持込をご希望の場合は事前にお申し出ください。

 

ヨーロッパ行きのお客様の無料お預かり手荷物

2015年11月1日より、ヨーロッパ出発および一部地域よりヨーロッパへ出発されるお客様の無料お預かり手荷物の規定が変更となります。詳細は下記をご覧ください。

 

対象路線および条件クラス2015年10月30日まで2015年11月1日より

1.ヨーロッパ内で発券した航空券で、ヨーロッパより出国されるお客様

2.タイで発券した航空券で、タイよりヨーロッパへ出国されるお客様

ビジネス/
プレミアムローレル/
ロイヤルローレル
30kg (66 ポンド)40kg (88 ポンド)
エリート25kg (55 ポンド)35kg (77 ポンド)
エコノミー20kg (44 ポンド)30kg (66 ポンド)

注:

1.本変更は、エバー航空運航便、またはご旅行される区間のうち、エバー航空への搭乗が最も長い区間である場合に適用されます。

2.1個が32Kg(70ポンド)を越える荷物については、係員の安全確保のため、2個以上に分けていただくようお願いいたします。本規定は、一個あたりの重量制限であり、無料のお預かり手荷物の規定は上記のとおりです。

 

 

 

 Infinity MileageLands ダイヤモンド、ゴールドおよびシルバーメンバーの無料超過手荷物

 

カードの種類無料超過手荷物
重量制(北中南米以外の地域)                       個数制(北中南米)                                               
ダイヤモンドカード(スターアライアンスゴールドメンバー)20kg または44ポンド1個(重量は1個あたり23kg(50ポンド))
ゴールドカード(スターアライアンスゴールドメンバー)20kg または44ポンド1個(重量は1個あたり23kg(50ポンド))

シルバーカード(スターアライアンスシルバーメンバー)※本サービスは、Infinity MileageLandsシルバーカードメンバーがエバー航空運航便にご搭乗される場合のみに適用されます。

10kg または22ポンド1個(重量は1個あたり23kg(50ポンド))
提携航空会社スターアライアンスゴールドメンバー(エバー航空以外)20kg または44ポンド1個(重量は1個あたり23kg(50ポンド))
提携航空会社スターアライアンスシルバーメンバー(エバー航空以外)無料超過手荷物サービス対象外無料超過手荷物サービス対象外

他の航空会社が旅程に含まれる場合

IATAの規定により、複数の航空会社を含む旅程でどの航空会社の規定を適用するかについては、下記のステップで決定されます。
1.各航空会社の規定が同様である場合、その規定が適用される。
2.各航空会社の規定が異なる場合、その旅程において最も権利を有する航空会社の規定に準ずる。コードシェア便の場合は、該当便を運航する航空会社の規定に準ずる。
3.その旅程において最も権利を有する航空会社が規定を明示していない場合は、チェックインを行う航空会社が権利を有する。
4.チェックインを行う航空会社が規定を明示していない場合は、それぞれの区間を運航する航空会社が権利を有する。

 コードシェア便を含む旅程の出発地または最終目的地がアメリカ国内である場合の無料手荷物許容量および超過手数料:

アメリカ運輸省(U.S. Department of Transportation)法規の第399条第87項の規定に基づき、旅程の出発地または最終目的地がアメリカ国内である場合、無料手荷物許容量および超過手数料等は全旅程において出発地のものに従うものとします。ヒューストン―ロサンゼルス―台北の旅程で、第一区間はユナイテッド航空、第二区間はエバー航空をご利用の場合、復路の台北―ロサンゼルス―ヒューストンを含む全旅程においてユナイテッド航空の手荷物規定に従うものとします。

コードシェア便をご利用で旅程の出発地または最終目的地がアメリカ国内である場合、運航航空会社の国籍を問わず、無料手荷物許容量および超過手数料等は全旅程において実際の運航航空会社ではなく、コードシェアを行う航空会社のものに従うものとします。ヒューストン―ロサンゼルス―台北の旅程で、第一区間はエバー航空と他社のコードシェア便、第二区間はエバー航空運航便にご搭乗の場合、復路の台北―ロサンゼルス―ヒューストンを含む全旅程においてエバー航空の手荷物規定に従うものとします。

このため、旅程の出発地または最終目的地がアメリカ国内である場合、アメリカ運輸省の定める規定に従い、第一区間の運航航空会社が無料手荷物許容量および超過手数料等を決定するものとします。詳しくは、旅行社にて当社の提携航空会社までご確認ください。詳細は こちら をご覧いただくか、またはエバー航空の発券カウンターまでお問い合わせください。

コードシェア便ご利用時の手荷物について:

Air China

All Nippon

Asiana Airlines

Hainan Airlines

Hong Kong Airlines

Shandong Air

Shenzhen Airlines

Singapore Airlines

United Airlines