制限など

手荷物の制限事項  

航空機では、安全上の理由により、機内持ち込みやお預けができない品物がございます。

  • 旅程の目的国が法律や規則によって輸送を禁止もしくは制限していたり、重さ、大きさ、成分(性質)が運送に適さないとエバー航空が定めているもの。
  • エバー航空の規定に沿って安全に運送可能な犬・猫・ウサギ、盲導犬/介助犬を除く生きた動物。

機内へのお持ち込みおよびお預けができない物

以下のような航空機、および航空機にご搭乗のお客様、搭載の品物を危険にさらす危険物は機内へのお持ち込みおよびお預けはできません。
  • 圧縮ガス:缶入りブタン、スキューバ用酸素ボンベ、アクアラングシリンダー、塗料スプレー、殺虫剤、プロパンガス、水素ガス、アセチレン、酸素ボトル、液体窒素など。
  • 腐食物:酸、アルカリ、水銀、および水銀を含む製品、湿式バッテリーなど。 
  • 爆発物:弾薬、花火、爆竹など  。
  • 可燃性物質:灯油(灯油ストーブ)、軽油、青炎/シガーライター、マッチ、ペンキ、シンナー、ライター、加熱装置の付いた食事やそれに関連する固形燃料。
  • 放射性物質。
  • アラーム装置が内蔵されたブリーフケースおよび付属ケース。
  • 酸化物質:漂白剤、過酸化物など 
  • 毒物および感染性物質:ヒ素、除草剤、殺虫剤、ウイルスなど 
  • その他危険物:アスベスト、磁気性物質、刺激物や凶器(催涙ガス、ペッパースプレー、スタンガン、テイザー銃など)
    *下記一覧も合わせてご確認ください。 
    Dangerous goods-JP 

   

重要なご案内

アメリカ発着便にご搭乗、およびアメリカを経由されるお客様は、全ての危険品の所持について、航空会社へ申告する必要がございます。 申告を怠った場合はアメリカ連邦法に違反することとなり、5年以内の懲役または250,000ドルの罰金が科せられます(49 U.S.C. 5124)。 
危険品の規則の詳細につきましては、Pack safe on FAA website(別のwindowで開きます)にてご確認ください。 

携帯用電気/電子機器と予備バッテリーについて

  • 携帯用電気/電子機器(PED): 時計、電卓、カメラ、携帯電話、ノート型パソコン、ビデオカメラ等を指します。これらの機器を預け荷物としてお預けになる場合、誤作動や損傷を防ぐようしっかり梱包し、完全に電源を切ってください (スリープモード等は不可)。ワット数が100Wh以下の場合、お1人様最大個の15PEDおよび/または20個の予備バッテリーをお預けいただけます。15個以上のPEDおよび/または20個以上の予備バッテリ―のお預けをご希望の場合は、エバー航空予約センターへご相談ください。
  • スペアバッテリーとポータブル充電器(パワーバンク)の制限:機内持ち込み手荷物としてのお持ち込みのみ可能です。お預け荷物には入れないでください。個別に梱包してください。バッテリー端子は短絡から保護されています。露出した端子をテーピングするか、ビニール袋に入れて、各電池を保護ケースに入れてください。リチウムイオン電池の場合、リチウム金属含有量は2グラムを超えてはならず、ワット時定格は100ワット時間を超えないもののみお持ち込み可能。パワーバンクは本体に仕様が記載されていない場合、機内持ち込みも不可となります。
  • リチウムイオンバッテリー:お1人様につき100Wh-160Whの予備のリチウムイオンバッテリー(ポータブル充電器とパワーバンクを含む)を最大2つ機内持ち込み手荷物としてお持ちいただけます。160Whを超えるリチウムイオン電池は、航空機への搭載が禁止されております。リチウムイオンバッテリーは、国連の「危険物輸送上の勧告、テストと基準マニュアル」内のパートIII、サブセクション38.3の各テストの要件を満たすタイプでなければなりません。バッテリー式の車いす/移動補助装置につきましては、こちらより詳細をご確認ください。 
  • 鉛蓄電池を使用した製品:空港での保安検査にてお持ち込みを拒否される可能性が高いため、鉛蓄電池を使用した製品やバッテリーはお持ちにならないことをお勧めします。(充電式鉛蓄電池を備えたLED、懐中電灯、電子蚊取り機等)。鉛蓄電池式の医療機器や移動補助具(電動車いす等)を輸送ご希望の場合は、エバー航空予約センターへご連絡ください。 

リチウムイオンバッテリーで作動する小型の乗り物について

リチウムイオンバッテリーによって作動するエアホイール、ソロホイール、ホバーボード、電動スケートボード、ミニセグウェイ、バランスホイール等は、リチウムイオンバッテリーからの発火の危険を防ぐため、バッテリーの有無、機内持ち込み・預け荷物に関わらず、エバー航空ではこれらの機内持ち込みおよびお預かりを一切お断りしております。 

スマートバゲージ

リチウムイオンバッテリー内臓のスマートバゲージ:”スマートバゲージ”と呼ばれる、スーツケースにリチウムイオンバッテリー、モーター、パワーバンク、GPS、GSM、Bluetooth、RFIDやWi-Fi機能等を搭載し、リチウムイオンバッテリーによって作動するもの。2018年1月15日以降、ご搭乗時にスマートバゲージをお持ちになる場合、以下の規定に従ってください。(規定外のものはお持ちいただけません)
  • リチウムイオンバッテリーのワット数が160Wh以内であること。 
  • リチウムイオンバッテリーは取り外し可能であること。
    機内持込みの場合…機内での操作に関しては機内誌に記載の機内における電気・電子機器の取り扱いに従うこと。 
                           …重さ・サイズが機内持込み手荷物の規定内であること。 
    受託手荷物の場合…リチウムイオンバッテリーを取り外してお預けいただき、バッテリーは機内へ持ち込むこと。  
            …スマートラゲッジが安全規定にそぐわない場合、お預かりはお断りさせていただきます。

リチウムイオンバッテリーの持ち込みについての最新情報は、以下のページをご参照・ご確認ください。
DOT Safe TravelFAA Pack SafeIATA Passenger Dangerous Goods Corner  (別ウィンドウが開きます)          

ライターおよびマッチのお持ち込み

  • アメリカ発着便にご搭乗、もしくはアメリカを経由する場合、アメリカ合衆国運輸保安庁(TSA) により、一般的なライターの機内持ち込みが許可されています。 トーチ型のライターについては、機内持ち込みも禁止されています。
  • 中国からの出発便では、全てのマッチ、ライターの機内持ち込みおよびお預けが禁止されています。

その他

  • スポーツピストル、リボルバーおよび弾薬はお預け荷物として輸送が可能です。詳細はエバー航空予約センターへお問い合わせください。
  • スタンガン、圧縮噴霧ガス、伸縮可能なこん棒などのは、香港・マカオへ/からの便、および、香港・マカオを経由する便にご搭乗の場合、お預けの手荷物と持ち込み手荷物の両方で輸送が厳しく禁止されています。 これらの物が香港・マカオの空港職員に見つかった場合は、厳しい取り調べを受けていただく可能性がありますのでご注意ください。

詳細は Transportation Security Administration (TSA) for latest prohibited items regulation をご確認ください。(別ウィンドウが開きます)

また、下記もあわせてご参照ください。  
Taiwan CAA (Civil Aeronautics Administration)  
Provisions for Dangerous Goods Carried by Passengers & Crew  
Civil Aviation Administration of China


液体物(液体物/エアゾール製品/ジェル類)の制限について

特別規定:

  • 液体物は、100ml(3 oz.)以下の容器に入っている物に限り、機内にお持ち込みいただけます。
  • 各容器は容量1L以内のジッパー付き透明ビニール袋に入れてください。
  • ビニール袋はお一人様1袋のみ機内にお持ち込みいただけます。
  • 保安検査の際は、係員が目視検査できるように、ビニール袋を手荷物の中から取り出してください。

医薬品、特別制限食(含ベビーフード):

  • 機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただけます。
  • 保安検査の際は、手荷物の中から取り出して、保安検査員までお見せください。
  • 処方薬を機内にお持ち込みの場合は、身分証明書、医師の診断書をご持参されることをお勧めします。

免税品:

  • 液体物に関する規定は免税品に関しましても同様です。保安検査場通過の際、100ml (3 oz.)を超える商品は機内にお持ち込みいただけません。お乗り継ぎの際であっても、規定を超えた場合は乗り継ぎ地点の保安検査場で廃棄となりますのでご注意ください。
  • 液体物が含まれる免税商品(香水、ボディースプレー、お酒等)のご購入を希望されるお客様は、保安検査場を通過後にご購入下さい。
  • 国際線の乗り継ぎを含むご旅程の場合は、目的地への最後のフライト区間で、最後の保安検査を受けた後に免税品をご購入いただくことが最善です。

ヨーロッパにおける規定:

ヨーロッパでは2014年1月31日以降、液体物に関する新しい規定が適用されております。空港免税店で液体物の商品を購入したお客様は、ヨーロッパの空港で乗り継ぎの際、液体物のセキュリティチェックを受けていただきます。 購入した液体物は、全て密封されたビニール袋(STEB)の中に入れられ、密封されていなければなりません(STEB:Security Tamper Evident Bag)。 液体物の免税品を購入したお客様は、このSTEBをパソコンなどと同様にセキュリティチェックの場所でご提示ください。これは機内免税品販売で購入された液体物にも適用されます。 詳細はこちらをクリックして、お客様の液体物用のSTEBが赤いラインの入ったICAO標準シールバッグ(新しいウィンドウで開きます)であることを確認してください。

アメリカにおける規定:

2014年1月31日より、乗り継ぎ便でアメリカを経由する国際線のお客様は、免税店で購入し、ICAOのウェブサイト上に掲載されているような、規定のビニール袋(STEB)に入っているものに限り、100 ml(3 oz.)以上の液体を機内持ち込み手荷物として持ち込みが可能です。

技術的な進歩により、STEBに入った液体物であれば保安検査場で安全、確実に検査可能になり、持ち込み手荷物にとしてお持ち込みいただけるようになりました。
透明ではなかったり、セラミック製、金属製、内容物を機械でチェックすることができないその他の容器に入ったもの等、規定に沿った条件で検査ができない液体物は、機内持ち込み手荷物としてのお持ち込みはできません。 お客様は空港の保安検査場へ向かう前に、規定外の液体物を預け荷物に入れるか、廃棄するか選択してください。 

カナダでの乗り継ぎ時における規定:

2014年1月31日現在、カナダの航空輸送セキュリティ機関は、機内免税品販売や空港で購入された液体物の免税品に関して、規格に適したセキュリティバッグ(STEB)に適切に封入し、レシートが添付され、セキュリティ検査を通過すれば機内持ち込み可能としています。検査員は、場合によってはSTEBを開いて中身を確認し、検査後に再び封をすることがあります。

ただし、以下の場合は、免税購入品の放棄を求められることがあります。

  • 商品に問題があり、セキュリティ検査を通過できない
  • 商品が規格外のSTEBに入れられている。 
  • 商品の封入方法に不備がある、もしくはレシートが添付されていない。 
  • 購入後、検査の前にお客様ご自身でバッグを開封した。 
  • 商品購入後、48時間以上が経過している。(STEBは2日間のみ有効)。

これらの規定はカナダ地域内でのみ適用されます。カナダ政府の免税品に関する規則については、こちらをクリックしてください。 

その他の国・地域の規定:

  • 液体物の規定は国・地域ごとに異なる場合がございます。台湾の交通部民用航空局によるご案内はこちらよりご覧ください。 

お預かりができない物品

以下の物品はお預かり手荷物として運送できませんので、ご注意ください:壊れやすいもの、お金、宝石、貴金属、コンピュータ、個人用電子機器、有価証券、貴重品など特別な価値を持つもの、ビジネス文書、 パスポートおよびその他身分証明書、サンプル品。 

機内での使用が禁止されている物品

こちらから詳細をご確認ください。ご不明な点等は、ご使用前に客室乗務員までお尋ねください。