エバー航空、2019年に日本路線を拡大、名古屋・青森・松山の3都市へ就航

エバー航空は、現在日本-台湾間のフライトを運航している8都市に加え、2019年に新たに日本の3都市へ就航いたします。関係国政府による許認可等を取得次第、2019年の第2四半期から第3四半期までの間に、台北に近い桃園国際空港より、名古屋・青森・松山の各都市を結ぶフライトの運航を開始予定です運航スケジュール、接続可能な都市やサービスのご案内、ご予約に関してはエバー航空ウェブサイト(www.evaair.com)をご覧ください。

エバー航空は2019年6月6日より、新型機、ボーイング787-9ドリームライナー(ロイヤルローレルクラス26席、エコノミークラス278席、計304席)を使用して、台北-名古屋便を毎日運航予定です。早朝に桃園国際空港より名古屋へ出発し、午後に名古屋から桃園国際空港へ到着するフライトスケジュールは、台北経由で北米やヨーロッパ便をご利用の際にも便利です。名古屋便の運航予定スケジュール:

路線  便名運航日出発到着
台北-名古屋BR128毎日7:5511:45
名古屋-台北BR127毎日12:5515:10

2019年の第3四半期には、台北から青森、松山便の運航を開始する予定です。同時に、既存路線である成田・大阪・沖縄・仙台便については大型機材の導入や増便で輸送能力を高めます。新型機ボーイング787ドリームライナーの全機納入後には、エバー航空の日本路線における輸送能力が10%以上向上する見込みです。

エバー航空社長Clay Sunは、「弊社の使用機材に多くのボーイング787ドリームライナーが加わることにより、日本市場およびグローバルネットワーク戦略の再構築を計画している。日本路線については名古屋・青森・松山へ新規就航し、将来的にはその他の都市への就航も検討したい。また、ボーイング787ドリームライナーとエアバス330-300の機材を成田と大阪路線に投入することで供給座席数を増やし、仙台と沖縄は現在より便数を増やす予定である。」と述べました。ボーイング787ドリームライナーとエアバス330-300の機材を成田と大阪路線に投入することで供給座席数を増やす予定です。また、仙台と沖縄の増便を予定しています。

名古屋は中部地方の主要経済・交通の中心地であり、立山黒部アルペンルート、白川郷、飛騨高山、富山、金沢などの有名な観光スポットにも近いです。

エバー航空では現在、台湾と東京・大阪・札幌・函館・仙台・小松・福岡・沖縄との間に週122便の定期便を運航しています。また、本年は台湾から青森・秋田・福島・熊本・松山・長崎・徳島へ計117便のチャーター便を運航しています。2019年に名古屋・松山・青森へ就航後には、日本への定期便フライト数は週146便になる予定です。