2020-06-22台湾短期ビジネス渡航における申請条件

<台湾短期ビジネス渡航における申請条件>
台湾中央感染症指揮センター(CDC)は17日、台湾への短期ビジネス渡航の条件を6月22日より一部緩和する旨を発表しました。出張者は下記の4条件全てに符合する場合、隔離措置期間の短縮が出来ます。
 
※条件※
1.CDCから発布された入国を認められた国の在住者。
2.台湾の滞在が3か月未満
3.短期の入国目的がビジネス出張者(検品、アフターサービス、技術指導や訓練、契約調印式等)。
4.出発地がCDC発布の低感染リスク或は中低感染リスク国/地域で、直近14日以内に海外渡航歴のない方限定。 
【A:低感染リスク国/地域】ニュージランド、オーストラリア、マカオ、パラオ、フィジー、ブルネイ、 ベトナム、香港、タイ、モンゴル、ブータン 
【B:中低感染リスク国/地域】日本、韓国、マレーシア、シンガポール

【ビザ申請時の必要条件】
・招聘台湾企業からの関連証明書類、台湾での日程表及び防疫対策計画を提出。(査定期間約2日間)
・台湾の空港にて入国時から3日以内のPCR検査での陰性証明書を提出。(ビザ申請時は不要)

詳細はこちら台湾中央感染症指揮センター(CDC)ホームページよりご確認ください。