Skip to main content

エバー航空 | 日本

新型コロナウイルス関連肺炎対応専用ウェブサイト - エバー航空 | 日本
main content

Q&A

  1. エバー航空における新型コロナウィルス感染予防対策

    エバー航空では台湾と武漢を結ぶ路線の運航はしておりませんが、新型コロナウィルス感染予防対策を実施しています。中国大陸、香港、マカオなどの感染リスクが高いとされる地域の路線においては、乗務員全員がマスクを着用し、機内食トレーの回収時には手袋の着用をするなど感染予防対策を徹底しています。また、その他路線においても、機内でウィルス感染の疑いがある乗客を認めた場合、乗務員は感染予防対策としてのマスクの着用と徹底した手洗いを実施します。

    詳細はエバー航空における新型コロナウィルス感染予防対策をご覧ください。

  2. 利用するフライトがキャンセルになったらどうしたらよいですか?
    • 旅行会社で購入した航空券をお持ちの場合は、購入先旅行会社にご連絡いただき、代替便をご手配ください。
    • 航空券の購入先が、エバー航空予約センター、エバー航空ウェブサイトまたはモバイルアプリの場合は、エバー航空予約センターにご連絡いただき代替便をご手配ください。
  3. 利用するフライトが新型肺炎の影響を受け、航空券を払い戻す場合、どう手続きをすればよいですか? 払い戻し手数料はかかりますか?
    • フライトのキャンセルが新型肺炎の影響による場合、払い戻し手数料は免除いたします。
    • 旅行会社で購入した航空券の払い戻しについては、購入先旅行会社にご連絡いただきお手続きください。
    • エバー航空予約センターで購入した航空券の払い戻しについては、エバー航空予約センターにご連絡ください。
    • エバー航空ウェブサイトまたはモバイルアプリで購入した航空券の払い戻しは、こちらの払い戻し申請/お問い合わせにてお手続きいただくか、www.evaair.comの「航空券購入/旅行プラン」より「払い戻し申請/お問い合わせ」を選択して払い戻し申請を行ってください。 払い戻し申請/お問い合わせ
    • エバー航空ウェブサイトまたはモバイルアプリで購入した航空券で、既に予約変更と航空券の再発券が完了している場合は、エバー航空予約センターにご連絡いただき、払い戻しのお手続きを行ってください。
  4. フライトの遅延やキャンセルを証明するにはどうしたらよいですか?

    エバー航空ウェブサイトの「運航状況」→「運航証明書」から該当するフライトの運航証明書を印刷していただくか、エバー航空予約センターにお問合せください。

  5. エバー航空のフライトがキャンセルになったため、その先の乗り継便が利用できません。エバー航空で最終目的地までの手配をしてもらえますか?

    最終目的地への代替便の手配をするには、航空券の購入先旅行会社、またはエバー航空予約センターにご連絡ください。

  6. 事前に超過手荷物料金や座席指定料金などのサービス料をオンライン決済していますが、エバー航空は、使用できないこれらのサービス料を払い戻してくれますか?

    エバー航空予約センターにご連絡ください。サービス料の払い戻しの手数料は免除いたします。

  7. Infinity MileageLandsのメンバーですが、もしエバー航空/ユニー航空の特典航空券、或いはアップグレード特典で利用するフライトがキャンセルになった場合は、どうすればよいですか?

    エバー航空ウェブサイトの払い戻し/払い戻し確認をご参照いただき、エバー航空予約センターにて再予約のお手続きをしてください。

  8. Infinity MileageLandsのメンバーで、エバー航空/ユニー航空の特典航空券を持っています。利用便がキャンセルになった場合は、特典航空券は払い戻しできますか?

    完全未使用、一部使用済みにかかわらず、特典航空券の払い戻しを承ります。1回に限り手数料は免除いたします。 エバー航空ウェブサイトの払い戻し/払い戻し確認をご参照いただき、エバー航空予約センターにて必要なお手続きをしてください。

  9. クレジットカードとマイル(eクーポン)でオンライン決済をした事前注文の機内免税品はどうなりますか?

    フライトのキャンセルにより、機内免税品の事前注文も自動的にキャンセルされ、決済された料金は返金されます。有効なマイルとeクーポンはお客様のアカウントに返却されます。

  10. 消毒用のアルコールまたは殺菌ジェルを持って出国できますか? また、その場合、機内持ち込み手荷物と受託手荷物のどちらの扱いになりますか?

    法律に基づく消毒用のアルコールに関する取扱いは以下のとおりです;

     (1).非放射性物質の医療用品(スプレー剤を含む)、例えば殺菌ジェル、アルコール綿、消毒用アルコール等は機内持ち込み手荷物または受託手荷物としての取り扱いが可能です。

     (2).機内持ち込み手荷物:容量100ml以下の容器に入れ、さらに容量1L以内のジッパー付き透明ビニール袋に入れること。(その他の液体物/エアゾール製品/ジェル類を含む)。全体の量が1Lを超えないこと。

    お預かり手荷物:1つの容器が500mlまたは0.5kg以下であること。

    ※1人が持ち込む純量は2Lまたは2kgを超えないこと。(上述の医療用品及び衛生用品を含む)。 

  11. 次亜塩素酸水を機内に持ち込めますか?

    除菌、消毒用の製品となっている次亜塩素酸水は、機内持ち込み手荷物(LAG(液体、エアゾール、ジェル)の規範に準拠する)または、お預け手荷物としてお持ちいただけます。 

    保安検査の際に検査官が内容と容量の確認ができるよう、元の製品パッケージのままお持ちになるか、認識可能なラベルが貼られたものをお持ちください。

  12. 旅行制限

    新型コロナウイルス関連肺炎の感染拡大を防ぐため、台湾は中国・香港・マカオからの入境もしくは乗り継ぎを全面的に見合わせる措置を開始しました。また、一部の国では「中国に14日以内に入境または滞在していた外国人の入境見合わせ」措置を発表しています。出発前に、到着地の入境または乗継に関する規定を確認し、地上職員へ滞在履歴をお伝えください。

    1. フィリピン当局2月10日の発表により、フィリピン国籍及びフィリピン永住権を持つ方以外、全ての外国籍(台湾含む)はフィリピン入国禁止(乗り継ぎ含む)になりました。

    2. 中国・香港・マカオから台湾への入境に関する規定説明:

    A. 台湾籍(台湾の有効な居留証を所持する外国籍の方を含める):

    (1) 2月6日より、中国・香港・マカオに渡航歴がある方は14日間の在宅検疫が必要です。

    (2) 香港・マカオからの入境許可を得ている方は14日間の在宅検疫が必要です。

    B. 中国旅券を所持する方:一時的に入境が禁止されます。

    C. 香港・マカオ旅券を所持する方:2月7日より入境後は14日間の在宅検疫が必要です。

    D. 外国籍の方:2月7日より、過去14日以内に中国・香港・マカオへ入国もしくは居住していた外国籍の方は一時的に入境が禁止されます。

    Taiwan Centers for Disease Control (CDC)
    https://www.cdc.gov.tw/En/Bulletin/List/7tUXjTBf6paRvrhEl-mrPg

    Ministry of the Interior National Immigration Agency ROC. (Taiwan)
    https://www.immigration.gov.tw/5385/7229/7238/

    Ministry of Foreign Affairs, ROC. (Taiwan) EMBASSIES & MISSIONS
    https://www.mofa.gov.tw/en/Content_List.aspx?n=D7B7F1B4196DD582

  13. 在宅検疫

    新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため、中国、香港、マカオに14日以内に入国または滞在していた外国人は在宅検疫の対象となり、台湾到着後に14日間の在宅検疫が実施されます。これに従わず期間中に外出したり、公共交通機関を利用したりした場合は、感染症防止法により処罰されます。

  14. エバー航空/ユニー航空 新型コロナウイルス関連肺炎の影響によるキャンセル/スケジュール変更/払い戻しについて