直接跳至主頁面

ニュースリリース

エバー航空 AirlineRatings 2022年ベストエアライン8位にランクイン

エバー航空は2022年7月14日、国際航空専門評価サイト「AirlineRatings.com エアライン・エクセレンス・アワーズ」において、 2022年世界の航空会社トップ20(World's Top-20 Airlines) 8位にランクインしました。台湾の航空会社では唯一のランクインとなります。

AirlineRatings.comにおいては、今年1月の「世界で最も安全な航空会社20」での第9位、「COVID-19防疫7つ星認証」に次ぐ栄誉となります。AirlineRatings.com は、385以上の航空会社を定期的に調査および評価し、17個の星で格付けを行っています。各キャビンクラスの快適性、サービス価値、飛行の安全性、保有機材の年数、乗客のレビユー、また、航空会社のCovid-19への対応、安全性、革新性、収益性などを比較し、2022年に推奨される世界の航空会社ベスト20を選定しています。

AirlineRatings編集長のジェフリー・トーマス氏からは「エバー航空は、1992年のプレミアムエコノミークラスを皮切りに、常にキャビン革新の最前線に立ち、最高の品質とサービスを提供し続ける、傑出した航空会社である。」とコメントを頂きました。

AirlineRatings.comや各賞の詳細については、www.airlineratings.com をご覧ください。

 

エバー航空では、COVID-19によるロックダウン中、お客様が航空機をご利用になる際の環境の改善を模索し、向上に努めてきました。空港での手続きにかかる時間の短縮や人同士の接触機会を減らす為、明るく認識しやすい色でチェックインカウンターサイネージを新設、また、オンラインで航空券の予約・購入から座席や機内食の選択、チェックインまで可能となり、その他様々なサービスを合理化しました。そして、現在は顔認識機能付きの生体認証を使用した搭乗システムの実証実験を一部で実施しています。

今年初めにはデジタルライブラリーであるEVA e-ライブラリーを導入し、お客様が各個人のモバイル端末にお好みの新聞や雑誌をダウンロードして、機内でご覧いただけるようになりました。多くの種類の書籍や新聞をお選びいただけるようになり、より便利で快適な空の旅を提供できるとともに、大量の新聞や雑誌の削減を実現しました。エバー航空では2050年までに炭素排出量をネットゼロにする目標達成のため、引き続き可能なアクションを実行します。

 

 エバー航空は、安全運航と高品質のサービスの提供を一貫とし、今後も飛行品質の向上、お客様へ新たな快適性と利便性の開発、使用機材のアップグレード、衛生的で安心してご使用いただける機内アメニティの提供を継続し、お客様へいつも最高の空の旅を提供することに努めてまいります。EVA in AirlineRatings’ Top 20 World’s Best Airlines for 2022