直接跳至主頁面

チェックイン情報

チェックインは携帯端末、パソコン、キオスクから簡単にできます。また、セルフサービス手荷物預け入れを使用すれば、手続きの時間が短縮されます。

チェックイン情報

チェックイン情報

チェックイン、保安検査、出国手続き、税関手続きは、時間に余裕をもっておすませください。エバー航空のチェックインカウンターの営業時間と搭乗前手続きに必要な時間は、空港によって異なります。

国際線の場合は、遅くとも出発予定時刻の1時間前までにチェックインすることをお勧めします。ただし、米国など、大規模で利用者が多く、厳格な空港の場合は、手続きに3時間かかることもあります。また、特別なサポートや配慮が必要なお客様(同伴者がいない未成年者、障がいをお持ちの方、耳や目が不自由な方、車椅子や歩行器をご利用の方など)でチェックインおよび搭乗前手続きにお手伝いが必要な場合は、出発予定時刻の2時間前までにチェックインしていただくようお願いします。チェックインに遅れると座席の予約が取り消され、搭乗できなくなることもあります。くれぐれもご注意ください。

カウンターの営業時間と各空港の推奨チェックイン時間については、エバー航空の空港事務所にお問い合わせください。

これからチェックインされる方は、出発予定時刻の1時間前までにおすませいただくようお願いします。チェックインに遅れると座席の予約が取り消され、搭乗できなくなることもあります。くれぐれもご注意ください。

乗り継ぎ便を利用されるお客様で搭乗券をお持ちの場合は、出発予定時刻の30分前までに搭乗ゲートへお越しになり、渡航書類のチェックを受けてください。(税関検査の時間は空港により異なります。エバー航空ウェブサイト内空港情報をご参照ください。)

チェックインに必要なもの

航空券

エバー航空の要件に沿って発行された有効な航空券をご提示ください。航空券に記載されている出発地から順番にフライトクーポンを使用してください。損傷した航空券、またはエバー航空/エバー航空正規代理店以外の人によって変更された航空券は無効となります。運賃は、季節、地域、その他の要因によって異なります。予約と航空券を照合し、運賃等に問題がないことをご確認ください。

渡航書類

パスポートをお持ちください。国によっては、一定の残存有効期間(6ヵ月など)が必要となります。また、出入国、乗り継ぎ、健康に関する書類、および旅程に含まれる国の法律、規定または要件によって義務付けられているその他の書類(エバー航空が保管するためのコピーを含む)もご準備ください。規定を遵守されなかった場合、または適切な書類を準備されなかった場合、搭乗拒否または本国送還となることがあります。エバー航空および当社の取扱代理店は、お客様が必要な有効渡航書類を所持していないことに起因するいかなる結果についても責任を負いかねます。

お預かり手荷物および機内持ち込み手荷物

旅行にお持ちになる手荷物には、タグや識別ラベルが必要です。エバー航空のチェックインカウンターでもネームタグをお渡ししますので、英語で記入して手荷物にお付けください。無料手荷物許容量については、航空券を参照してください。お預かり手荷物が航空券に記載の許容量を超える場合は、超過手荷物料金をお支払いいただきます。手荷物は通常、タグを付けたうえで最終目的地までお預かりします。機内持ち込み手荷物には、数量、サイズ、重量の制限があります。また、セキュリティ、フライトの安全性、客室の規定に準拠している必要があります。保安検査、税関、その他の職員が必要に応じて手荷物を検査させていただくこともあります。

非常口座席のご案内

  1. 規定を守り、機内での安全性を確保するため、以下に該当するお客様には非常口座席をご利用いただけません。
    • お体の不自由な方、手足や体力の弱い方
    • 15歳未満の方
    • 緊急避難の指示に関する文書や図を理解できない方
    • 視力が弱く、コンタクトレンズや眼鏡以上の視覚補助が必要な方
    • 補聴器以上の補助がなければ、客室乗務員の指示を聞いて理解することができない方
    • 他の乗客に口頭で情報を伝えられない方
    • 小さなお子様をお連れの方
    • 国外追放者/強制送還者およびその同行者 
    • サービスアニマル(盲導犬など)をお連れの方
    • 座席占有手荷物をお持ちの方
    • 非常口座席の役割を行う際に負傷するおそれのある方
  2. 非常口座席を割り当てられたお客様には、航空機が完全に停止して、客室乗務員から指示があったときに(客室乗務員が対応できずに指示を行えない場合は、避難信号または避難指示が発せられた後)、以下をお願いすることがあります。
    • 非常口の場所を特定する。
    • 非常口の開け方と操作手順を理解する。
    • 非常口の操作方法を読んで理解し、客室常務員による手の合図と口頭での指示に従う。
    • 非常口ドアが開いたら、脱出の妨げにならないよう通路を塞がないようにする。
    • スライドが用意されたら利用できるように固定して、最初にスライドを降り(救命ボートに乗り)、他の人がスライドを降りるのを手伝う(スライドのない飛行機は除く)。
    • 安全な避難経路を選び、速やかに航空機から離れてください。
    • 他の乗客を飛行機から遠ざけることに協力する。
  3. これらの作業を行えない方または望まれない方は、別の座席にするよう予約担当者または地上職員にお知らせください。客室の安全のため、規定を遵守し、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

チェックイン後

  • 搭乗券に記載の名前、便、目的地などが正しいことをご確認ください。
  • お預かり手荷物に正しい目的地のタグが付いており、受領証に間違いがないことをご確認ください。
  • すべての渡航書類と航空券(往路および復路のクーポンなど)がお客様に返却されたことをご確認ください。
  • 保安検査、空港税やサービス料のお支払いなど、必要な手続きをおすませください。
  • 搭乗ゲートに早めにお越しいただき、遅くとも出発の30分前には搭乗できるようご準備ください。

復路便のチェックイン

台北(TPE)、台中(RMQ)、高雄(KHH)、香港(HKG)、マカオ(MFM)から出発し、48時間以内に同じ都市から戻られるお客様は、往路便のチェックインと同時に復路のチェックインも行うことができます。手荷物のないお客様には特に便利なサービスです。

自動チェックイン(ACI)

エバー航空では、自動チェックイン(ACI)で搭乗手続きの時間を短縮し、ゆとりあるご旅行を楽しんでいただきたいと考えております。自動チェックインでは、ご利用便の出発時刻の12時間前より、ご自宅等で搭乗券の発券やチェックイン確認書の印刷が可能です。メールに記載されたURLをクリックしていただくか、エバー航空のウェブサイトまたはEVAモバイルウェブサイトにログイン後、”旅程管理”へお進みください。

自動チェックインのご利用条件

自動チェックイン(ACI)

  • エバー航空またはユニー航空の国際線をご利用の場合(エバー航空またはユニー航空による運航ではないコードシェア便については対象外)。ただし、ロサンゼルス出発便については、現在のところご利用いただけません。
  • 往路でパスポートをパスポートリーダーで読み取り済みの復路便。
  • 座席指定済。
  • 予約が確定済みで、Eチケットをお持ちの場合。
  • 特別なサービス(お子様お1人旅など)のご要望がない場合。

詳細は、エバー航空のウェブサイトに記載の「よくあるご質問」をご確認ください。

FAQ