直接跳至主頁面

機内での健康管理

機内での健康管理

安全で快適な旅行をお楽しみいただくため、機内で身体にかかるストレスをご理解いただき、定期的な検診で健康状態をご確認になり、必要に応じて出発前や機内で服用される医薬品をご準備ください。

よくある症状と兆候およびその予防法

  • 飛行機の下降中に耳や鼻に不快感を覚えた場合は、何かを飲む、噛む、または口を開くことで、空気の通りを良くすることができます。お子様が同様の症状を訴えた場合は、空気の流れを良くして不快感を取り除くために、お飲み物やおしゃぶりをお渡しください。
  • スキューバダイビング後24時間以内の搭乗は避けてください。
  • 飛行機に酔いやすい方は、航空機の翼に近い座席をご予約ください。
  • 水分が失われやすくなるため、機内で胃にもたれる食事、アルコール、カフェイン入り飲料はお控えください。代わりに水やジュースをこまめにお飲みになることをお勧めします。保湿液などを使って肌が乾燥しないようにしてください。
  • 目覚めた後、急に立ち上がるとめまいを感じることがあります。これは、アルコール摂取、酸素の低下、活動の低下、眠気などが原因です。立ち上がる前に、ストレッチなど、座席で少し体を動かされることをお勧めします。
  • 機内の空気は家庭や会社より良いとされていますが、機内は公共の場所であるため二次感染する可能性があります。伝染病にかかっている方は搭乗されないことをお勧めします。
  • 飛行中はコンタクトレンズの使用をお控えください。
  • 飛行機の降下中は目を覚まし、耳や鼻に不快感があればできるだけ早く解消してください。

疾患をお持ちのお客様または妊娠中のお客様

ピーナッツ/ナッツアレルギー

エバー航空では、命に関わるピーナッツ/ナッツアレルギーをお持ちのお客様がいらっしゃることを認識しています。ご予約の前に、このページを印刷して、かかりつけの医師にご相談いただくようお願いいたします。

ピーナッツ/ナッツフリーの食事

ピーナッツ/ナッツを使用した食材、ピーナッツオイル、明記されていなくてもピーナッツ/ナッツを含む食材は、一般に広く用いられています。このため、弊社の航空ネットワークでお出しする食事にピーナッツ/ナッツ製品が含まれないことを保証することはできません。

ピーナッツ/ナッツフリーの機内

すべてのお客様に対して全面的に、機内またはVIPラウンジへのピーナッツ/ナッツ製品の持ち込み、開封、食事を禁止することはできません。また、お客様からの個別の要望によって、機内からピーナッツ/ナッツをなくすこともできません。そのため、ピーナッツ/ナッツアレルギーをお持ちのお客様には、この環境で搭乗してよいかどうかをかかりつけの医師に相談していただくことを強くお勧めします。また、アレルギー反応が起きた場合の処置方法について、お客様や同伴の方にも把握しておいていただくようお願いいたします。

さらに、この処置のために注射器を機内に持ち込まれる場合は、その旨を証明する医師の診断書をご準備ください。

喘息および胸部疾患

吸入器をお持ちになり、呼吸器疾患が起こらないようご注意ください。

心臓病

空の上で心臓発作が起きる確率は地上の2倍です。最近心臓発作を起こしたことのある方は搭乗をお控えください。

糖尿病

常用薬を機内に持ち込み、出発地での通常の時間に合わせて服用ください。ご予約の際には、糖尿病用の特別食をご注文ください。お客様の状態を記した診断書を常に携帯してください。

長時間足を動かさないと、血流が悪くなり、足の深部静脈に血栓ができることがあります。その兆候は、足の筋肉の疼痛や圧痛、皮膚の赤みや腫れなどです。血栓が肺に移ると、呼吸困難となるおそれがあります。心疾患、静脈炎、血液凝固障害をお持ちのお客様、および最近、足の静脈手術を受けたお客様は、特にご注意が必要です。深部静脈血栓症を引き起こさないため、以下をお勧めします。

  • 水やジュースをこまめに飲み、喫煙、アルコール飲料、カフェインを含む飲料はお控えください。
  • ゆったりとした服をご着用ください。
  • 座席で軽く体を動かしてください。
    例:軽く首を動かす、腕を伸ばす、膝を上げる、ふくらはぎのマッサージ、ゆっくりと足を回す。
  • 危険性が高いと思われる場合は、出発前に医師にご相談ください。
健康

妊娠中のお客様

出産予定日まで4週間以内(複数のお子様を妊娠中の場合は8週間以内)のお客様、または出産後7日以内のお客様は、エバー航空ではご搭乗をお受けできません。出産予定日まで12~4週(複数のお子様を妊娠中の場合は12~8週)のお客様は、出発日の10日前以降に医療情報シート(MEDIF)への記入が必要となります。出発予定時刻の48時間(2営業日)前までにエバー航空予約センターへご連絡ください。妊娠中のお客様は、空港スタッフに搭乗を拒否され目的地の国に入国できなくなる事態を回避するため、出産予定日を示す医師の診断書をお持ちになることをお勧めします。規定は国によって異なります。予約される前に、目的地の国の在外公館に旅行要件を確認されることをお勧めします。

ダイビングをされるお客様

スキューバダイビング直後の空の旅は、減圧症を引き起こす可能性があります。減圧の兆候があるかどうかを問わず、24時間以内にダイビングをされたお客様は搭乗いただくことができません。最近減圧症を患ったことがあるお客様、および現在減圧症のお客様は医療患者とみなされ、搭乗に旅行許可が必要となります。