直接跳至主頁面

機内での安全

安全対策

お客様のご安全のため、「シートベルト着用」のサインが点灯した際は必ず座席に戻り、シートベルトをお締めください。離着陸中は、テーブルと座席を元の位置にお戻しください。着陸中は、機体が完全に停止してシートベルト着用のサインが消えるまで立ち上がったりせず、席にお座りください。突発的に乱気流に遭遇することがあるため、着席している間は常にシートベルトを着用することを強くお勧めいたします。機内持ち込み手荷物は、頭上の荷物棚に収納するか、前の座席の下に置いてください。乗務員の業務を妨害する行為は犯罪となります。

電子機器の使用に関する規定

電子機器の使用については、航空機や目的地によって異なる制限が適用されます。客室乗務員のアナウンスおよび機内安全ビデオでご確認ください。
中華民国の民間航空法では、航空機航行および通信システムに干渉する可能性のある機器の使用が禁じられています。これに違反すると、5年以下の懲役またはNT$150,000以下の罰金が科せられます。深刻な結果や死につながる違反に対しては、無期懲役も科せられます。客室のドアが閉められた瞬間から再びドアが開くまで、以下の規則を遵守してください。この規則は、機内アナウンスでもお知らせいたします。

  • 携帯用電子機器(スマートフォン、タブレット、電子書籍、その他重量1kg以下のデバイス)は、フライト中、常時電源をオンにしてお使いいただけます。電波を発する機器は、ドアが閉められた瞬間から飛行機が着陸して滑走路を走行し終わるまで、「機内モード」に設定してください。この指針は、台湾(中華民国)および当該の国際地区内を運航するフライトに適用されます。現地の規定により携帯用電子機器の電源を切る必要がある場合は、客室乗務員がご案内します。
  • 小型機器は手でお持ちいただくかシートポケットにご収納ください(座席周辺に放置されることがないようお願いします)。ノートパソコンや1kg以上の機器は、地上走行時および離着陸中、指定の場所(頭上の荷物棚または前の座席の下)に収納してください。
  • 高度10,000フィート以上での飛行時:
    1. 国際線では、ノートパソコンや1kg以上の機器の使用が可能です。電波を発する機器は、「機内モード」に設定してWi-Fi接続をオフにしてください。
    2. 国内線での飛行中は、ノートパソコンや1kg以上の機器を指定の場所(頭上の荷物棚または前の座席の下)に収納してください。
  • GCS(グローバルコミュニケーションズスイート)が導入されている飛行機では、Wi-FiやSMSローミングサービスをご利用いただけます。このサービスの利用時間や利用方法に関する詳細については、機内のエンターテイメントシステム情報または機内アナウンスでご確認ください。
  • 電子たばこ、市民ラジオ(CB無線)と無線機、リモコン、無線電子機器(無線操縦玩具など)、その他航空機航行や通信機器を妨げる可能性のある電子機器は、機内では常に電源をオフにしていただくようお願いします。
  • Bluetooth対応機器は、機内で常時ご使用いただけます。
  • 補聴器やペースメーカーのご使用に制限はありません。
  • ポータブル酸素濃縮器(POC)、人工呼吸器、吸引装置、携帯型輸液ポンプなど、携帯型医療電子機器(M-PED)は機内にお持ち込み可能です。ただし、機内持ち込み手荷物のサイズと重量を超えないようお願いします。
    1. 飛行中に健康状態を維持するために治療や医療機器を必要とするお客様は、エバー航空の旅客運送約款に従い、遅くとも出発の48時間前までに診断書をご提出ください。
    2. 機内の電力をすべての便の全座席で利用できるという保証はいたしかねますのでご了承ください。携帯型電子機器の使用に電力が必要な場合は、国際民間航空機関の指示に則り、十分な数の充電済みバッテリー(予測される最長飛行時間の150%に対応できる量)をお持ちください。予備のバッテリーは、短絡や損傷を防ぐために個別に保護し、機内持ち込み手荷物に入れてください。
    3. 医療用携帯型電子機器に機内電源の使用を試みたことでお客様が負傷や損害が被られても、エバー航空は、機内電源の故障またはその他のいかなる理由においても責任を負うことはできません。電源は、お客様ご自身の責任でご使用ください。
  • その他の規定:
    1. ドアが閉まってから飛行機が着陸して滑走路を走行し終わるまでの間、音声通信用パーソナル機器の使用は禁止されています。すべての機器をミュートにするか、ヘッドセットを付けてご使用ください。
    2. 着陸時に視界が良くないときや、航空機器への影響を抑制する必要がある場合など、客室乗務員からすべての機器(許可されたポータブル酸素濃縮器は除く)の電源を完全に切るようお願いすることがあります。

機内の安全確保

禁煙

中華民国の法律により、エバー航空ではすべてのフライトを禁煙としています。

アルコール飲料

機内で購入されたものを含め、ご自身がお持ちのアルコール飲料をお飲みいただくことはできません。無料のドリンクサービスをお楽しみください。エバー航空は泥酔されたお客様へのアルコールの提供を拒否する権利を有します。

迷惑行為に対する規定(民間航空法: 第119条2項)

機内のトイレで喫煙するとNT$30,000~150,000の罰金が科せられます。

機内での以下の行為にはNT$10,000~50,000の罰金が科せられます。

  • 機内での秩序と安全を維持するために機長が発した指示に従わない。
  • アルコール飲料や薬を摂取して、機内で騒動を起こす。
  • 機内で喫煙する(トイレでの喫煙は上記に準ずる)。
  • 許可なく煙感知器に触れたり、正当な理由なく安全装置を操作したりする。

注:上記の2番目、3番目の行為には、航空警察局より罰金が科せられます。