お手伝いの必要な方

特別なお手伝いが必要なお客様

当社では機内を安全で快適にお過ごしいただけるよう、さまざまなサービスを提供しております。身体や心身機能の障がいにより特別なお手伝いが必要な際には、お客様のご要望に応じてお手伝いいたします。ご要望の際にはお手伝いの内容や症状を弊社予約センターまでお申し出ください。必要な調整や準備等の手配をさせていただきます。

お体の不自由なお客様のご搭乗

お体の不自由なお客様に、(1)空港内から搭乗口まで車椅子でのサポート、(2)ご搭乗のサポート
目・耳の不自由な方、知的障害のある方やお体の不自由な方に、空港内や機内でのサポートを提供いたします。
ご予約の際、予約担当にお体のご状況および必要な設備やサービス(通関お手伝い、車椅子等)をお知らせ下さい。車椅子等のサービスについては以下をご参照いただくか、または各地の予約担当へお問い合わせください。弊社の運航する米国路線では米国運輸省(DOT)の規定が適用されます。お体の不自由な方や特別なサポートを必要とされる方向けのサービス(フライト遅延時を含む)については、カスタマーサービスと緊急時対応計画をご参照ください。

  • 座席指定:予約担当および空港係員がお客様に適した座席の確保に努めますが、座席指定については機内の安全や緊急時の脱出に支障がないよう考慮する必要があります。機種および座席位置については、機材紹介をご参照ください。 
  • 特別食:健康上やその他の理由で食事制限が必要なお客様向けに、特別食(糖尿病食、ベジタリアンミール、低脂肪ミール等)をご用意しております。ご出発の24時間前までに予約センターへご連絡ください。 
  • 空港サービス:台湾桃園国際空港11番カウンターにエバー航空の特別サービスカウンターを設置し、特別なお手伝いが必要なお客様向けにチェックインサービスを行っております。また、その他の空港でも空港係員にお申し出いただきますと、速やかにご案内いたします。
    弊社運航拠点の空港には概ね、ご搭乗・降機に便利なボーディングブリッジやリフト設備が整っております。お体が不自由で歩行や階段の昇り降りが困難なお客様は、お早めに予約センターへご連絡ください。
     
  • 機内設備:当社A321機材はスペースの都合上、バリアフリー化粧室や機内車椅子が設置されていませんが、その他の機材にはすべて完備され、お体の不自由なお客様にも問題なくご使用いただけます。各機材の化粧室配置については機材紹介をご参照ください。 
    PTKPassenger Transfer Kit
     本設備にてお体の不自由な車椅子ご使用のお客様を機内座席までご案内します。当社A321機材はスペースの都合上、設置されていませんが、その他の機種にはすべて完備されています。 
  • 機内サービス:お体の不自由なお客様へのサポート 
    1.
    ご搭乗・降機時の機内入口から座席までの移動 
    2.
    機内専用車椅子やその他の介助設備による化粧室への移動 
  • 介助犬:お体の不自由なお客様が同伴される盲導犬などの介助犬には料金がかかりません。ただし、医師による証明書類をご提出いただく必要があります。介助犬以外の通常のペットの運送につきましては、ペットのお持ち込みをご参照ください。

お体の不自由なお客様向けの専門スタッフ

弊社では桃園空港と米国の運航拠点空港に専門の教育を受けたカスタマーサービス専門スタッフ(Complaint Resolution Office)を配備して特別なサービスを提供し、サポートを必要とされるお客様に随時対応しております。専門サービスの詳細等につきましては以下の連絡先から米国運輸省へお問い合わせください。

  • 電話: Toll Free Hotline for Air Travelers with Disabilities 

1.   1-800-778-4838 voice 

2.   1-800-455-9880 TTY 

  • 電話: Aviation Consumer Protection Division 

1.   1-202-366-2220 voice 

2.   1-202-366-0511 TTY 

  • 郵便: Air Consumer Protection Division, C-75, US Department of Transportation, 120 New Jersey Avenue, SE, West Building Room W96-432, Washington, DC 20590, 
  • 当社の運航する米国路線では、米国運輸省制定の障害者差別禁止法が適用されます。関連法規DOT 14CFR 382 Aviation Consumer Protection webpage(新規ウインドウで表示)をご参照ください。

車椅子、その他の介助機器

弊社では各空港において出国、入国、途中降機、乗り継ぎにかかわらず、車椅子が必要なお客様をサポートいたします。桃園空港では13番カウンターにて対応いたします。車椅子のサービスを必要とされるお客様は、遅くともご出発の24時間前までに予約センターへご連絡願います。10人以上の団体旅行のお客様で複数の車椅子をご使用の場合は、車椅子の収納スペースの確保を含め、お客様を万全にサポートするため、遅くともご出発の48時間前までにご連絡ください。空港では弊社の車椅子をご使用いただき、お客様の車椅子はお預かりいたします。機内用車椅子の使用をご希望の場合は、事前にご連絡願います。

弊社はお体の不自由なお客様の車椅子、介助機器を無料で運送、また空港での車椅子のサービスを無償提供し、運送をご希望の車椅子、介助機器はしっかりと梱包いたします。電動車椅子や介助機器は、搭載スペースおよび飛行の安全性を確保するため、重量やサイズ、バッテリーの種類を事前に確認させていただいております。予約センターへご連絡の際、以下の情報をお知らせください。

  • 電動車椅子、介助機器の折り畳みの可否 
  • 総重量とサイズ(幅奥行き高さ) 
  • バッテリーの数量 
  • バッテリーの種類: 
    1.
    乾電池式 
    2.
    防漏型湿電池式 
    3.
    非防漏型(湿)電池式 
    4.
    リチウム電池式(ワット時定格量もお知らせください)

防漏型(湿)電池式/乾電池式バッテリー装着の電動車椅子、介助機器

  • 運送上の観点から以下について確認させていただきます。 

1.    短絡しないようバッテリーの端子が保護されているか(バッテリー容器で包装されている等)。 

2.    バッテリーが車椅子や介助機器にきちんと装着されているか。 

3.    電気回路が遮断され、突発的に作動しないか。 

4.    ラベルやシールがしっかり貼られているか(不明瞭なものはお受けできません)。 

  • 電動車椅子や介助機器が使用者によるバッテリーの取り外しが可能(取り外し式等)の場合、以下の通りとします。 

1.    バッテリーを取り外します。車椅子、その他の電動介助機器は制約なくお預かりして運送します。 

2.    取り外したバッテリーは強固に梱包して運送します。 

3.    バッテリーが短絡しないよう保護します。 

4.    ラベルやシールが不明瞭なものはお受けできません。 

5.    きちんと梱包されたバッテリーの機内配置を機長に報告します。

非防漏型(湿)電池式バッテリー装着の電動車椅子、介助機器

  • 車椅子、介助機器が直立状態で積載、保管、固定、荷卸しできる場合、バッテリーを車椅子に装着した状態で運送できます。運送上の観点からお客様の車椅子について、以下の通り確認させていただきます。

  1.短絡しないようバッテリーの端子が保護されているか(バッテリー容器で包装されている等)。 
      2.
バッテリーが車椅子や介助機器にきちんと装着されているか。
      3.
電気回路が遮断され、突発的に作動しないか。
      4.
ラベルやシールが不明瞭なものはお受けできません。 
      5.
車椅子、介助機器が直立状態で積載、保管、固定、荷卸しできない場合はお預かりできません。 



リチウム電池式バッテリー装着の電動車椅子、介助機器

  • お客様の車椅子について、以下の通り確認いたします。 

1.    バッテリーの種類が国連「試験基準マニュアル」第338.3節(UN Manual of Tests and Criteria, Part III, section 38.3)のすべての要求事項に適合しているか。 

2.    改造された電池、リチウム式バッテリーについても、上記のマニュアルに適合しているか確認する必要があります。

3.    ラベルやシールが不明瞭なものはお受けできません。 

4.    短絡しないようバッテリーの端子が保護されているか(バッテリー容器で包装されている等)。 

5.    バッテリーが車椅子や介助機器にきちんと装着されているか。 

6.    電気回路が遮断され、突発的に作動しないか。 

  • 電動車椅子やその他の電動介助機器が使用者によるバッテリーの取り外しが可能(取り外し式等)の場合、以下の通りとします。 

1.    バッテリーを取り外し、車椅子、その他の電動介助機器は制約なくお預かりして運送します。 

2.    電気回路を遮断し、短絡しないようバッテリーの端子を保護します(露出した端子をテープで封じる等)。 

3.    取り外したバッテリーは損壊しないよう保護します(バッテリーを個別にバッテリー保護袋に入れる等)。バッテリーは手荷物として携帯できます。 

4.    バッテリーの取り外しは製造メーカーまたは機器所有者の指示に従って行います。 

5.    バッテリーのワット時定格量は300Wh以下とし、機内に持ち込める数は次のとおりです。 
A. 100Wh
160Whの場合:合計3個まで(うち1個は車椅子に装着済のもの)。
B. 160Wh
300Whの場合:合計2個まで(うち1個は車いすに装着済のもの)。 

6.    携帯できる予備バッテリーは1個(300Wh以下)または2個(160Wh以下)とします。

7.    リチウム電池式バッテリーの機内配置を機長に報告します。

お客様の電動車椅子、介助機器を安全に運送するため、空港係員が指示通りに運送手配できるよう取扱説明書を空港へご持参ください。お客様の旅程においてその他の航空会社の利用が含まれる場合は、該当の航空会社へ確認の上、各社の許可を取得していただきますようお願いいたします。

ご不明な点はエバー航空予約センターへご連絡ください。

介助犬・支援ペット

弊社ではお客様が特別な理由で介助犬等の機内への同伴を希望される場合、お客様をサポートいたします。別途費用は掛かりません。

介助犬-お体の不自由なお客様が訓練を受けた盲導犬などを機内に同伴されることは可能です。運航中はリードを装着し、お客様の足元に座らせてください。なお、お客様ご自身で動物の出入国許可と検疫証明書類を取得願います。必ずご出発の48時間前までに予約センターへご連絡ください。 

情緒支援ペット-弊社は規定に該当する特別なお客様がお連れになる情緒支援ペットに限り、機内への同伴を受け入れます。以下の書類をご準備ください。 

1.    お客様の主治医が1年以内に発行した証明書類 

2.    当証明書類にお客様の知能・精神疾患の内容が記載されていること 

3.    当証明書類に運航中のペット同伴が必要である旨が記載されていること 

4.    主治医のライセンス証明書

安全規定に従って動物はお客様の足元に座らせ、機内の通行を妨げたり、避難口近くに座らせないようにしてください。全旅程(乗り継ぎ地点を含む)で通過する国の動物検疫証明書類を必ずご準備願います。

車椅子をご利用のお客様へ

お客様の車椅子は出発する際にお預かりいたします。乗り継ぎの場合、必要に応じて車椅子を手配いたします。車椅子をご利用の場合、予約センターまでお申し出ください。 

  • 車椅子(手動式、電動式を含む)は無料にてお預かりいたします。(一部の電動式車椅子は規定重量超過のため、お預かりできない場合がございます。ご予約時に総重量をお知らせください。) 
  • 空港用車椅子は車椅子のご利用を希望されたお客様にご用意しております。お客様の車椅子は貨物室に搭載いたします。手動式で折り畳みができる車椅子は機内にお持込いただけます。  

お子様一人旅サービス

当社では5歳以上12歳未満のお子様一人旅をお受けしております。お子様お一人での旅のお手伝いを安全に行うために、ご予約の際にご両親・保護者様のお子様が一人旅を行う旨をお申し込みいただき、申込用紙に出発地や目的地(・乗継地)での保護者の連絡先をご記入ください。

  • ビジネスクラス、プレミアムローレルクラス、ロイヤルローレルクラスでのお子様一人旅は8歳から12歳の各便につき1名に限定させていただきます。 
  • お子様の一人旅の、ロンドン・ヒースロー空港(英国)、ブリスベン空港(オーストラリア)でのVIPラウンジは現地の規定によりご利用いただけません。ミールクーポンを提供させていただきます。 
  • 4時間以上の乗り継ぎや途中降機がある場合には、乗り継ぎ・途中降機地点で大人の方に待機していただくなどの対処を保護者の方にてご準備願います。 
  • お子様一人旅の場合、購入済の航空券から必要に応じて運賃差額を徴収いたします。 
  • お子様の一人旅を安全に行うために、16歳未満のお客様と同行されるお子様はお子様一人旅としてお受けいたします。 
  • お子様の一人旅を他の航空会社に乗り継いでご利用される場合、乗り継がれる他の航空会社にも一人旅を行う旨ご連絡ください。

乳幼児、小児とのご旅行について

  • 乳幼児や2歳未満の幼児がご旅行の際には大人の方の付き添いが必要です。 
  • 生後7日以内の乳幼児はご搭乗いただけません。 
  • 未熟児は搭乗可能の証明として当社指定の診断書(MEDIF)が必要です。 
  • 安全上の理由により、1名の大人が2名の幼児とご旅行する際には幼児1名は座席を確保し、各国承認済みのチャイルドシートをご利用ください。 
  • 台湾交通部民用航空局(CAA)の規定により、2歳以上の方はお座席の使用していただく必要がございます。 
    2004
    111日より2歳の誕生日を迎えた小児は当社便ご利用の際、安全規則に従いご自身の座席を確保してください。また、お子様が2歳の誕生日を迎えられますと、全ての区間で小児運賃が必要になります。 
  • ベビーミールやおむつをご希望の場合、予め予約センターまでお申し出いただきますようお願いいたします。 
  • 弊社では全種類の航空機にてベビーバシネット(ベビーベット)をご利用いただけます。安全上の理由により、ベビーバシネットにはサイズと重量の制限がございます。ご予約の際にお子様の誕生日、身長、体重をお知らせください。

ご妊娠中のお客様へ

エバー航空では、健康上問題がない場合であっても、ご妊娠36週(出産予定日の4週前)もしくは双子以上をご妊娠の場合は妊娠32週(出産予定日の8週前)以降、また、ご出産後7日以内のお客様のご搭乗はお受けしておりません。


<
ご搭乗に際しての注意事項

  • ご妊娠28週から36週以前、もしくは双子以上をご妊娠で妊娠28週から32週以前にご搭乗を希望される場合、ご出発日の10日前以降に弊社指定の診断書(MEDIF)を担当医に作成頂き、ご出発の48時間前までに予約センターへ送付し、 
    ご搭乗に問題ないか確認を行ってください。
  • ご妊娠28週未満の場合、診断書は不要ですが、復路のご搭乗予定日が28週を超える場合は復路で診断書のご提示が必要です。
  • ご妊娠中のお客様は、期間に関わらず、ご搭乗が決まりましたら予約センターへ出産予定日等をお知らせください。また、ご旅行には母子手帳や英文診断書等を持参されることをお勧めします。 
    国や地域によっては外国籍の妊婦の入国に制限を設けている場合がございます。ご予約の前に目的地の在外公館へご確認ください。

お客様が弊社の定める規定に違反したり、虚偽の申告により弊社や他のお客様へ膨大な損害を与えるような事態が発生した場合、エバー航空は法的手段にて要した費用(飛行機の目的地変更、大幅な遅延を含む)を請求する権利を有します。

ストレッチャー(簡易ベット)について

ストレッチャーの利用ををご希望の場合、弊社の医師の承認が必要となりますので、弊社指定の診断書(MEDIF)を医師にご記入いただき、予約センターまでご送付ください。 

飛行中に医療行為が必要な場合でストレッチャーをご利用のお客様は医師もしくは看護婦の付き添いが必要です。 

設置はエコノミークラスになり、一区間につき1台のストレッチャーに限定させていただきます。ご利用料金は利用区間のエコノミークラス大人普通運賃6名分となります。 

ストレッチャーご希望の際には出発の48時間前(2営業日)までに予約センターへお申し出ください。

酸素ボンベご希望の場合 

航空機には緊急時対応の為、酸素供給設備がございますが、通常飛行中はご利用いただけません。お客様が飛行中に酸素を必要とされる場合、酸素ボンベをご用意いたしますが、弊社医師の承認が必要となります。弊社指定の診断書(MEDIF)を医師にご記入いただき、予約センターまでご送付ください。 

飛行中に酸素吸入が必要なお客様は医師もしくは看護婦の付き添いが必要です。また、酸素ボンベご利用料金が必要となります。 

当社では機内酸素設備が利用できるようお手伝いさせていただきますが機内以外(乗り継ぎ時の空港内等)ではお客様ご自身にて手配をお願いいたします。 

携帯用酸素ボンベ(酸素濃縮器)について

携帯用酸素濃縮器(POC)は機内でご使用いただけます。機内持ち込み手荷物の重量・大きさ制限内の携帯用酸素濃縮器(POC)をご利用いただけます。また、携帯用酸素濃縮器(POC)はお客様の前の座席の下に収容するか機器設置のための座席を別途ご購入いただき、座席に固定してください。機内では安定した電源を機器駆動用に供給できないため 電源をご提供できません。予期せぬ遅延に備え、所要時間の1.5倍の電源をご用意ください。予備の電池はショート(短絡)を防ぐため梱包をして下さい。電池端子は、埋め込み式か端子部分が他の金属と接触しないよう適切な梱包をして下さい。 

携帯用酸素濃縮器(POC)を機内でご利用の際には、出発の48時間前までに予約センターへ機器のご利用の有無と機器の型番をお知らせください。 
ご出発時刻の1時間前までにチェックインをお済ませ頂き、搭乗口へお越しください。ご搭乗の前に、係員が携帯用酸素濃縮器(POC)の型番、診断書、電池の数を確認させていただきます。 

機器には航空機機内で使用可能な認定ラベルが貼付されている必要がございます。 

詳細につきましては予約センターまでお問い合わせください。

 

以下の携帯用酸素濃縮器(POC)は、機内でご使用いただけます。

  • Invacare Corporation's XPO2
  • Delphi Medical System's RS-00400
  • AirSep Corporation's Lifestyle
  • AirSep Corporation's Freestyle
  • Inogen Inc.'s Inogen One
  • SeQual Technologies' Eclipse
  • Respironics Inc,s'EverGo
  • DeVilbiss Healthcare's iGo
  • International Biophysics Corporation's LifeChoice
  • Inogen's Inogen One G2
  • Oxlife's INDEPENDENCEhttp://cdncache-a.akamaihd.net/items/it/img/arrow-10x10.png
  •      

以下の携帯用医療電子機器は、機内でご使用いただけます。

  • Ambulatory Infusion Pumps:

1.    CADD-1 Pump Model 5100

2.    CADD-PLUS Pump Model 5400

3.    CADD-TPN Pump Model 5700

4.    CADD-PCA Pump Model 5800

5.    CADD-Micro Pump Model 5900

6.    CADD-Legacy PCA Pump Model 6300

7.    CADD-Legacy 1 Pump Model 6400

8.    CADD-Legacy Plus Pump Model 6500

9.    CADD-Prizm VIP Pump Model 6100

10. CADD-Prizm PCS Pump Model 6100

11. CADD-Pirzm VIP Pump Model 6101

12. CADD-Prizm PCS Pump Model 6101

13. CADD-Prizm PCS II Pump Model 6101

  • Suction Unit:

1.    Sunrise Medical De VillBiss 7305

  • Ventilator:

1.    Newport HT-50

  • Pulmonetic Systems LTV-800/-900/-950/-1000/-1500/-1200

1.    CPAP (Continuous Positive Airway Presure)

2.    BiPAP (Bi-level Positive Airway Presure)

  • Products for the diagnosis and treatment of sleep-disordered breathing

1.    ResMed

診断書(MEDIF: Medical Information Sheet

弊社の担当医師が航空機旅行の安全性や機内での医療の必要性を判断する際に診断書が必要となります。お客様に主治医に下記の診断書をお渡しいただき、お客様の健康状態について全ての質問にご記入いただきますよう、お願いいたします。 

記入後は予約センターへ送付願います。

誠に申し訳ございませんが、診断書は中国語、英語版のみとのなりますので予めご了承ください。

 

DOCファイル英語版

DOCファイル中国語版