直接跳至主頁面

お手荷物の紛失, 破損、制限など

お手荷物の未着/紛失/破損 制限事項

基本情報

機内持ち込み、お預かり手荷物のいずれであっても、航空機で輸送できないものがあります。

  • お客様の旅程に含まれる国の法律、規制、規則により禁止されている品目、および/またはエバー航空が重量、寸法、性質のために運送に適さないと特定した品目。
  • 生きている動物。ただし、エバー航空の要件に従って安全に輸送可能な犬、猫、ウサギ、およびサービス犬/感情サポート犬を除く。
  • その性質、重量、容積、数量の制限により、航空機の運送に適していないもの。

危険物をお預かり手荷物や機内持ち込み手荷物に入れないでください

航空機、人、または機内の所有品に危害をおよぼす恐れのある危険物

  • 圧縮ガス:缶入りブタン、スキューバ用酸素ボンベ、アクアラングシリンダー、塗料スプレー、殺虫剤、プロパンガス、水素ガス、アセチレン、酸素ボトル、液体窒素など。
  • 腐食物:酸、アルカリ、水銀および水銀を含む製品、湿式バッテリーなど。
  • 爆発物:弾薬、銃弾、花火、爆竹など。
  • 可燃性物質:灯油(灯油ストーブ)、軽油、青炎/シガーライター、マッチ、ペンキ、シンナー、ライター、加熱装置の付いた食べ物やそれに関連する固形燃料。
  • 放射性物質。
  • アラーム装置が内蔵されたブリーフケースおよび付属ケース。
  • 酸化物質:漂白剤、過酸化物など。
  • 毒物および感染性物質:ヒ素、除草剤、殺虫剤、生ウイルスなど。
  • その他危険物:アスベスト、磁気性物質、刺激物や凶器(催涙ガス、ペッパースプレー、スタンガン、テイザー銃など)。

危険物をお預かり手荷物や機内持ち込み手荷物に入れないでください

重要なご案内

アメリカ発着便にご搭乗、またはアメリカを経由されるお客様は、全ての有害性物質および危険品の所持について航空会社に申告する必要があります。申告を怠った場合はアメリカ連邦法に違反することとなり、5年以内の懲役または$250,000の罰金が科せられます(49 U.S.C. 5124)。

危険品の規則の詳細については、米連邦航空局(FAA)のウェブサイト「Pack Safe on FAA website」をご確認ください(別のウインドウが開きます)。

携帯用電気/電子機器と予備バッテリーについて

  • 携帯用電気/電子機器(PED):時計、電卓、カメラ、携帯電話、ノート型パソコン、ビデオカメラ、ドローン等を指します。これらの機器をお預かり手荷物として輸送される場合、誤作動や損傷を防ぐようしっかり梱包し、電源を完全に切ってください(スリープモードや休止モードは不可)。ワット時容量が100Wh以下の場合、お1人様最大15PEDおよび/または20個の予備バッテリーをお預けいただけます。15個以上のPEDおよび/または20個以上の予備バッテリーのお預けをご希望の場合は、エバー航空による承認が必要です。
  • 予備バッテリーとポータブル充電器(パワーバンク)の制限:機内持ち込み手荷物としてのお持ち込みのみ可能です。お預かり手荷物には入れないでください。個別包装:バッテリー端子は短絡から保護されています。電池を個別に保護ケースに入れる、露出した端子をテーピングする、ビニール袋に入れるなどしてください。リチウム金属電池の場合、リチウム金属含有量は2グラムを超えてはならず、リチウムイオン電池のワット時容量は100ワット時間を超えてはいけません。パワーバンクの仕様や値が明確に表示されていない場合の輸送は禁止されています。
    • 定格出力の計算:Wh = mAh/1000 x Volt
    • 例:定格電圧が3.7Vの20,000mAhのモバイルパワーバンクの場合、その定格出力は20,000mAh/1000 x 3.7V = 74Wh。
  • 航空会社による承認がある場合:お1人につき100~160Whの予備のリチウムイオン電池(ポータブル充電器とパワーバンクを含む)を最大2個まで機内持ち込み手荷物としてお持ちいただけます。160Whを超えるリチウムイオン電池の航空機への搭載は禁止されています。リチウムイオン電池は、国連の『UN Manual of Tests and Criteria, Part III』に記載されるSubsection 38.3の試験要件を満たすタイプであることが必要です。バッテリー式の車いす/移動補助装置について詳しくは、車椅子およびその他のサポート器具についてをご確認ください。
  • フライトの安全性に基づく理由により、携帯扇風機(リチウムイオン電池内蔵)をお預かり手荷物とすることは禁止されています。機内持ち込み手荷物または身の回り品としてお持ち込みいただくことは可能です。
  • 鉛蓄電池を使用した製品については、お持ち込みされないこと、お預かり手荷物とされないことを強くお勧めします。鉛蓄電池で作動する製品は、空港での保安検査にてお持ち込みを拒否される可能性が高いためです(充電式鉛蓄電池使用のLED、懐中電灯、電子蚊取り機等)。鉛蓄電池式の医療機器や移動補助具(電動車椅子等)の輸送をご希望の場合は、エバー航空予約センターへご連絡ください。

リチウムイオン電池で作動する小型の乗り物について

リチウムイオン電池によって作動するエアホイール、ソロホイール、ホバーボード、電動スケートボード、ミニセグウェイ、バランスホイール等は、リチウムイオン電池から発火する危険性があるため、バッテリーの有無にかかわらず、エバー航空ではこれらの機内持ち込みおよびお預かりを一切禁止しております。

スマートバゲージ

リチウム電池や電子機器を一体化したスマートバゲージ:「スマートバゲージ」と呼ばれるリチウムイオン電池が装着された手荷物は、モーター、パワーバンク、GPS、GSM、Bluetooth、RFID、Wi-Fi機能を持つものです。2019年1月1日より、スマートバゲージをお持ちになる場合は、以下の規定に従ってください。

  • ワット時容量が160Whを超えるリチウム電池の輸送は禁止されています。
  • 次に該当する、リチウム電池の取り外しが可能な手荷物:
  • 機内持ち込み手荷物:
  • -- すべての送信機能が、機内誌に記載の「電子機器使用管理規定」に従ったものである。
  • -- 機内持ち込み手荷物の規定を満たしている手荷物である。
  • お預かり手荷物:
  • -- リチウムイオン電池をスマートバゲージから取り外し、電池は客室へお持ち込みいただくことで手荷物をお預かり手荷物とすることができます。
  • -- スマートバゲージが安全要件を満たしていない場合、チェックイン時にお断りさせていただきます。
  • リチウム電池の取り外しができない場合:
  • -- リチウム金属含有量0.3g以下、またはワット時容量2.7Wh以下の場合:機内持ち込みまたはお預かり手荷物として認められます(乾電池、ボタン電池等)
  • -- リチウム金属含有量0.3gを超える、またはワット時容量2.7Whを超える場合:輸送は禁止されています(充電式リチウム電池、パワーバンク等)

安全上の理由により、製造業者/販売業者がリコールしたリチウムバッテリーおよび関連電子機器は、機内へのお持ち込みまたはお預かり手荷物とすることができません。

米連邦航空局(FAA)では、2015年9月から2017年2月までに販売されたApple社の15インチMacBook Proノートパソコンの一部のモデルがリチウム電池による火災の原因となる可能性があるため、航空機への持ち込みを禁止しました。詳しくは15インチMacBook Proバッテリー自主回収プログラム(Apple社ウェブサイト)を参照してください。製造者がバッテリーを交換した場合、またはリコール対象製品の安全性が確認されたものである場合は、(機内持ち込み手荷物の規則に従って)携行する必要があります。

リチウム電池に関する最新規制については、アメリカ運輸省(DOT)『Safe Travel』米連邦航空局(FAA)『Pack Safe』国際航空運送協会(IATA)『Passenger Dangerous Goods Corner』をご確認ください(新しいウインドウが開きます)。

ライターとマッチ

  • アメリカ発着便にご搭乗、もしくはアメリカを経由する場合、米国運輸保安局(TSA)により、一般的なライターの機内持ち込みが許可されています。トーチ型のライターは、TSAによって機内持ち込みが禁止されています。
  • マカオ、中国、フィリピンからの出発便では、全てのマッチ、ライターの機内持ち込みおよびお預けが禁止されています。

その他

  • 化学原料や化学物質を輸送する場合は、危険性がない品目であることを証明する安全データシート(SDS)を準備して、事前にエバー航空の承認を得る必要があります。付属書類はそれらの品目とともに必ず携帯してください。これらの品目は工場出荷時の梱包で密封し、明確な識別ラベルが貼付されている必要があります。お客様ご自身による梱包または内袋は許可されていません。出発の48時間前までに予約センターにご連絡ください。
  • スポーツピストル、リボルバー、弾薬はお預かり手荷物として輸送が可能です。詳細はエバー航空までお問い合わせください。
  • スタンガン、圧縮噴霧ガス、伸縮可能なこん棒などは、香港・マカオ発着便、および、香港・マカオ経由便にご搭乗の場合、お預かり手荷物と機内持ち込み手荷物の両方で輸送が固く禁止されています。これらの品目の携帯を香港・マカオの空港職員が見つけた場合は、厳しい取り調べを受けていただく可能性がありますのでご注意ください。

禁止品目の最新情報について詳しくは、米国運輸保安局(TSA)で確認してください(新しいウインドウが開きます)。

また、国際民間航空機関(ICAO)の規則に準じて台湾民用航空局(CAA)が発行する『Provisions for Dangerous Goods Carried by Passengers & Crew』『Civil Aviation Administration of China』の規制もご参照ください。

液体物/エアゾール製品/ジェル類(LAG)の制限について

液体物/エアゾール製品/ジェル類(LAG)の制限について

  • LAGは、100ml以下の容器に入っている物に限り、機内にお持ち込みいただけます。
  • これらの容器は、透明のジッパー付きビニール袋に入れ、その総容量は1リットルを超えてはいけません。
  • ビニール袋は、お一人様につき1個のみお持ち込みいただけます。
  • 保安検査の際は、ビニール袋を機内持ち込み手荷物から取り出し、保安担当者が目視検査できるよう提示する必要があります。

医薬品、特別制限食(乳児用粉ミルクを含む)

  • 機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただけます
  • 機内持ち込み手荷物から取り出し、保安検査場の保安担当者に申告する必要があります。
  • 処方薬を機内にお持ち込みされる場合は、身分証明書、医師の診断書などの附属書類をご持参されることをお勧めします。

免税品

  • 免税品に関する規定は、他の液体、エアゾール、ジェル類と同様です。100mlを超える個人の荷物を携帯して保安検査場を通過することはできません。規定分を超過した品目は、トランジット/乗り継ぎ地点も含め、保安検査場で廃棄されます。
  • 液体、エアゾール、ジェルが含まれる免税商品(香水、ボディースプレー、酒類等)を購入されるお客様は、保安検査場を通過後にご購入ください。
  • 国際線の乗り継ぎを含むご旅程の場合は、目的地への最後のフライト区間で、最後の保安検査を受けた後に免税品をご購入いただくことが最善です。

ヨーロッパにおける規制

2014年1月31日より、LAGに関するヨーロッパの新しい規制が適用されております。空港免税店でLAGの商品を購入したお客様は、ヨーロッパの空港で乗り継ぎの際、当該空港のLAGセキュリティチェックを受けていただきます。すべてのLAGは密封されたビニール袋(STEB:不正開封防止袋)に入れ、密閉されている必要があります。LAGの免税品を購入したすべてのお客様は、このSTEBをパソコンなどと同様に保安検査場でご提示ください。これは、航空機内で購入したLAGにも適用されます。詳しくはこちら(新しいウインドウが開きます)をクリックして、お客様がLAGに使用される袋がICAO標準の赤いラインの入ったものであることをご確認ください。

米国運輸保安局(TSA):国際線到着便に関する変更

2014年1月31日より、国際線の乗り継ぎ便でアメリカに旅行されるお客様は、免税店で購入し不正開封防止袋(STEB)に入っているものに限り、100mlを超える液体を機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただけます。詳しくはこちらを確認してください(新しいウインドウが開きます)。

技術的な進歩により、STEBに入った液体物でも保安検査場で検査が可能で保安検査場の運輸保安官によって許可された場合、持ち込み手荷物としてお持ち込みが可能となりました。

検査または持ち込みが許可されない液体は、機内持ち込み手荷物としてお持ち込みいただくことができません。お客様は、空港の保護区域内に入る前にこれらの品物をお預かり手荷物に入れる(可能な場合)か、廃棄するかを選択してください。不透明、セラミック製、金属製、内容物の実質的な検査ができない容器に入った液体も対象です。

免税品に関するカナダ国内輸送の新たな規制:

カナダ航空運送安全局(Canadian Air Transport Security Authority)は、機内販売や空港の小売店で購入した免税品の液体物、エアゾール製品、ジェル類に関して、規格に適したセキュリティバッグ(STEB)に適切に封入し、レシートが添付され、セキュリティ検査を通過すれば機内持ち込み可能としています。所持品検査官は、STEBを開いて中身を確認し、検査後に再び封をすることがあります。

ただし、以下の場合は、免税購入品の放棄を求められることがあります。

  • 免税品が保安検査を通過できない場合。
  • 小売店が公式のセキュリティバッグを使用していなかった場合。
  • 購入時に小売店員が商品を不適切に梱包した、またはレシートを添付しなかった場合。
  • お客様が購入後、検査の前に自身でバッグを開封した場合。

お客様が商品を購入してから48時間以上が経過した場合(公式なセキュリティバッグの有効期限は2日間)。これらの規則はカナダ地域内でのみ適用されます。カナダ政府の免税品に関する規則については、こちらをクリックしてください。

  • LAGの規定は出発する国ごとに異なる場合があるため、必ず現地の規制をご確認ください。こちらをクリックすると、台湾民用航空局(CAA)のページで詳しい情報をご確認いただけます(新しいウインドウが開きます)。

以下の品目は、お預かり手荷物に入れないでください

以下の品目は、お預かり手荷物に入れないでください:壊れやすいものや腐敗性のもの、現金、宝石、貴金属、コンピューター類、個人用電子機器、融通手形、有価証券、その他貴重品など特別な価値を持つもの、ビジネス文書、 パスポート、その他身分証明書、サンプル品。

機内での使用が禁止されているもの

詳細については、機内での安全についてのページを参照してください。ご不明な点は、ご使用前に客室乗務員までお尋ねください。