直接跳至主頁面

特殊な手荷物

スポーツ用品 楽器 空港での移動のお手伝い 冷凍冷蔵品をお持ち込みの際の注意事項 機内持ち込み手荷物

楽器

お預かり手荷物

  • 楽器を通常の手荷物としてお預けになり、無料手荷物許容量を超える場合は、超過手荷物料金をお支払いいただくことがあります。
  • お預かり手荷物として輸送される楽器は、保護に適した頑丈なハードケースに収納してください。ソフトバッグ(ギグバッグ)に収納された楽器はお受けできません。
  • コントラバスやチェロなどの大型楽器は、機内に収容できない場合に限り、お預かり手荷物としてお受けします。楽器のサイズと重量が機内持ち込み手荷物(CBBG)として受け入れ可能である場合、お預かり手荷物とする代わりに、座席を追加で購入して機内にお持ち込みいただけます。
  • 楽器は壊れやすいため、お預かり手荷物のすべての楽器について免責タグにご署名いただく必要があります。楽器の価値が高い場合は、旅行前に手荷物保険を購入することをお勧めします。これにより、より包括的な補償内容が得られる可能性があります。 

機内持ち込み手荷物

  • ギターやその他の小型楽器(バイオリン、ビオラ、フルートなど)は、無料の機内持ち込み手荷物として持ち込み可能です。機内に持ち込める小型楽器は、1名様につき1つのみです。
  • 楽器は、縁の丸いハードケースに収納してください。楽器は、搭乗時の空きスペースに応じて、頭上の荷物棚または座席の下に適切にご収納ください。特定の障がいサポート器具を除き、頭上の荷物棚や座席下には、すべてのお客様が「先着順」で機内持ち込み手荷物を置くことができます。
  • 頭上の荷物棚や座席の下に収納する代わりに、追加の座席を購入して機内に持ち込むこともできます。出発時刻の48時間前までにエバー航空にご知らせください。
  • 機内に収納スペースがない場合は、楽器をお預かり手荷物としていただく必要があります。

Notes

温度の変化により、弦楽器のネックが膨張したり収縮したりする場合があります。損傷を避けるため、弦を緩めておかれることをお勧めします。