機内での安全について

安全上の注意

お客様の安全のため、飛行中にシートベルト着用サインが点灯した際はシートベルトをお締めください。また、離着陸時はテーブルとリクライニングを元の位置にお戻しください。機内持ち込み手荷物は頭上の収納棚または前の座席の下にご収納ください。予期せぬ気流の乱れにより機体が揺れることがございますので、着席中は常にシートベルトをお締めください。安全な飛行のため、客室乗組員の指示には必ずお従いください。

電子機器の使用に関する規定

電子機器の使用制限は飛行機の種類や目的地によって異なります。客室乗務員のアナウンスや、機内安全ビデオの説明にて十分ご理解ください。

中華民国の民間航空法の規定により、飛行機の航行、誘導や通信設備を妨げる機器の使用は禁じられています。これに違反した場合は5年以下の有期懲役、拘留、または15万台湾ドル以下の罰金が科せられ、事態が深刻な場合は無期懲役に処せられる場合がございます。飛行機のドアが閉まり、客室乗務員が電子機器の使用制限をアナウンスしてからドアが再び開くまで、以下の規定をご順守願います。

  • 携帯電話、タブレット端末、電子書籍、または重量1kg以下の「小型携帯電子機器」は常時ご使用いただけます。飛行機のドアが閉まってから、飛行機が着陸し地上走行するまでの間、すべての通信用電子機器はマナーモードや「機内モード」に設定し、Wi-Fi機能をオフにしてください。中華民国域外での飛行時における携帯電子機器のご使用につきましては、各地の規定に基づき、客室乗務員が必要に応じてお客様へご案内いたします。
  • 飛行機の走行時、離陸時、着陸時は小型携帯電子機器をしっかり固定するか、座席ポケットに収納してください。ノートパソコンや重量1kg以上の電子機器は指定された手荷物収納場所(前の座席の下、または座席の上の棚)へ収納してください。
  • 高度10,000フィート以上での飛行時
  1. 国際線では、ノートパソコンや1kg以上の電子機器をご使用いただけます。通信用電子機器はマナーモードや「機内モード」に設定し、Wi-Fi機能をオフにしてください。
  2. 国内線では、ノートパソコンや1kg以上の電子機器は指定された手荷物収納場所(前の座席の下、または座席の上の棚)へ常時収納してください。
  • グローバル・コミュニケーションズ・スイート(GCS)が配備された飛行機では、Wi-FiやSMSローミングサービスをご使用いただけます。ご使用については機内エンターテイメントシステムの説明をご参照いただき、客室乗務員の指示に従ってください。
  • 以下の電子機器は常時使用禁止となります。電子たばこ、パーソナル無線機、各種リモコン送信機(リモコン玩具など)、その他の飛行機の航行、誘導や通信設備を妨げるおそれのある電信機器
  • Bluetoothは常時ご使用いただけます。
  • 補聴器やペースメーカーについての使用制限はございません。
  • 携帯型の酸素供給装置、人工呼吸器、吸引器、携帯型輸液ポンプなど、携帯型医療電子機器は機内でご使用いただけます。ただし機内持ち込み手荷物のサイズ・重量の規定範囲内のものとします。
  1. 飛行中に健康状態を維持するため、医療行為や特別な機器を必要とするお客様は、遅くともご出発時刻の48時間前までにエバー航空の運送規定に従い、担当医より搭乗許可を取得していただく必要があります。詳細は予約センターへお問い合わせください。
  2. エバー航空機内での電力の供給に関して、全ての便の全座席において利用可能、かつ問題なく供給できる保証は出来かねます。機内において医療用携帯型電子機器に電力の供給が必要な場合、ICAOの規定に沿った十分な量の充電済バッテリー(遅延等を考慮し、予定飛行時間の150%の時間稼働可能なもの)をご持参ください。スペアバッテリーにつきましては、短絡や損傷を防ぐために個別に保護し、必ず機内持ち込み手荷物としてお持ち込みください。
  3. エバー航空は、機内電源の故障またはその他の理由により、機内電源を医療用携帯型電子機器の電源として使用した乗客が何らかの傷害を負ったり、損害を受けた場合の責任は負いかねます。機内電源を携帯用医療電子機器の電源としてご利用の場合は、お客様ご自身の責任においてご利用ください。 
  • その他の規定:
  1. 飛行機のドアが閉まってから着陸し地上走行するまで、お客様個人の電子機器による音声通話は禁止されています。すべての個人用電子機器は常時消音モードに設定いただき、音声はイヤホンをご使用ください。
  2. 視界不良の着陸時や、飛行機の航行、誘導や通信設備への妨害を避ける場合等、状況によりましては、機長が全ての個人用電子機器(許可された携帯用酸素供給装置等は除く)の使用停止を依頼する場合がございます。

2015 Inflight-Safety


禁煙

中華民国の法律に基づき、エバー航空では全ての便において禁煙となっております。

機内での飲酒に関して 

お客様は、機内で購入されたものを含め、ご自身がお持ちのアルコール飲料を飲むことはできません。 機内においては無料のドリンクサービスにてアルコールをお楽しみください。 エバー航空は、泥酔されたお客様へのアルコール提供を拒否する権利を有します。

機内での違法行為に対する規定
民間航空法第119条2項

機内にて以下の行為をされた場合、1万台湾ドル以上5万台湾ドル以下の罰金が科せられます。(2、3番目につきましては、航空警察より罰せられます)

  • 航空機の安全運航のための指示を守られない方
  • アルコール飲料または薬物の摂取により他の方に迷惑を及ぼしている方
  • 機内のお手洗いにて喫煙された方
  • 煙感知器やその他の安全装置を無断で操作された方